援デリ業者

LINE掲示板 即ハメ
援デリ業者ってやってみると、派手そうに見えて、実は地味な作業が多いんだよね。
誘われた時は、女の子に囲まれて楽しそうって思っちゃったんだけど、実際、俺の場合は女の子と絡みあんまりないからさ。
送り迎えとかもしなくていいし、電話とかLINEとかでやり取りするくらいだよね。
それに、援デリ業者として女の子と接してると、女の子がただの商品みたいな感覚になっちゃって。
昔は町歩いてても、「あの子可愛い」とかそういう感じがあったけど、最近は「あの女、二万は取れそう」とかそっちの金勘定。
自分が自分でイヤになることあるよね。
援デリ業者の職業病みたいなところはあるのかもしれないけど、よくさ、「好き」を仕事にするなって言うじゃん。
好きなことだから仕事にすると、好きだけじゃ続かなくなるみたいな話。
あれ、納得できるかも。
女の子も好きだしエッチも好き。だけど、援デリ業者になってみたら、女の子は商品にしか見えないし、エッチも金に絡むようなエッチしかしなくなっちゃって。
自分の大事なものを無くしてしまったような感覚に陥ってしまうことがあって。
こういうの、ウツの一歩手前なのかなーって思ったりして・笑
女の子もさ、セックスワークしてると、感じなくなるっていうじゃない?演技だけが上手くなって、実際にプライベートでエッチする時も、感度が下がってきちゃうって。
何人かの女の子からそれは聞いたんだけどさ。
やっぱり、セックスは仕事にするもんじゃねーなっていうのが、感想だよ。これは男も女もそうだなって。
大人の関係
割り切った関係