オナニー友達

子育てがここまで大変だと思いもしませんでした。将来は働かないで専業主婦でいることが私の夢でした。だからお金持ちの人と知り合いたくキャバクラで働いていました。お金を持っていそうなお客さんには媚を売ったり、その人がスケベそうだったら、ボディタッチをしたりと、そのおかげか15歳年上だけどお金を持った人と結婚できました。結婚するまでの間も彼に嫌われないよう、彼がスケベなところを利用して、彼の目の前でオナ二ーを披露したり、オナニー友達がいる人にレクチャーしてもらったり、その努力のおかげか結婚できたと思っています。
オナニー鑑賞をさせてくれる露出狂の女の子を出会い系で見つけた経緯

結婚してすぐに子供を授かり子育てに追われる毎日を送っています。しかし、夫は子育てより私のオナ二ーをみたいと子供みたいなことを言ったりします。そこで私は夫に元彼に頼んでオナ二ー友達を紹介してあげました。別に実際やるわけではないから自分の中ではオナニー友達を紹介することに抵抗はありませんでした。だけど、次第に私とHをしようと求めてこない夫に不満に持ち、私より15歳年上の夫より若い人と久しぶりにHしたい気持ち芽生え出しました。そこで私はオナ二ー友達を紹介してくれた元彼に連絡を取りました。「金持ちと結婚して幸せだと聞いていたけど何かあったの。」「夫にはオナ二ーで我慢させておきながら自分は歳が近い人とHしたい。一回やらない。」「いいよ。」子供がいる母親
なのに私は本当にひどい親だなと改めて感じながら浮気をしちゃいました。
オナ電